ホームページとURL、通信速度



■ホームページとは

ホームページは、これも誤解を恐れずバッサリ言えば、ワープロで作成した文書データの
一種と言うこともできます。
文字の大きさや、色、表示場所を指定したり、画像などを貼り付けることもできます。
ワープロの文書データと違う点が二つあります。

ひとつは、ワープロ文書ファイルは、例えば、一太郎やwordなどのワープロソフト
で作成し、それを見るためには、ワープロソフトが必要である、という点です。
これに対し、ホームページのデータは、ホームページを作るためのソフトや、
私のように手作業で作成します(後述)。
また、ホームページのデータをワープロ文書のように見るためには、
専用の「ブラウザ」(前述)というソフトウェアが必要です。

もう一つの違いは、ワープロの文書ファイルでは、文字の大きさの指定などの
いろいろな命令は、普通の方法で見ることはできません。
ところが、ホームページのデータは、修飾のための指示データなども、すべて文字として
見ることができます。

つまり、ホームページは、「何を表示するか」という「表示する文字などのデータ」と
「どのように表示するか」という「指示や命令データ」で構成されており、
両方を「文字データ(テキストファイル)」として見ることができます。

この、後者の「命令や指示」をタグとよび(タグ基礎講座参照)、
このタグによってできた文書ファイルを「HTML」文書とも呼びます。


ところで、元々「ホームページ」というのは、例えば「知っておいたほうがいいかも」
なら、一番最初のページのことを言うものでしたが、最近では、この講座部分を
含めた、全体のことを指すようになっています。


■URLはホームページの名前と住所

前項で、インターネットを見るということは、ブラウザにURLを入力することだ、
と書きました。
URLとは
http://members.tripod.co.jp/halm/
のように書きます。
このうち、「http://members.tripod.co.jp/」というのが、ドメイン名、簡単に言えば
インターネットに登録された「組織名」です。

大きな組織ですと、同じ名前の下に、何台ものサーバーがあるし、
逆に大きなサーバーの中に間借りをしている「ドメイン」もあります。
このあたりは、大きなビルディングがひとつの会社で、中がいくつもの部屋に別れていたり
雑居ビルの中に1室だけを借りた会社があるのと同じです。

さて、私のホームページは、「http://members.tripod.co.jp/」のなかに小さな部屋を
借りています。この部屋の名前が「halm」というわけです。

この「住所」を指定することで、あなたのパソコンに、
この講座を表示することができるわけです。


■ブラウザの違い

ところで、先ほど、ホームページは、「指示や命令」であるタグによって表示される
と書きました。
ところが、やっかいなことに、このタグは、技術が革新されるたびに、どんどん
増えてきています。
古いブラウザでは、当然、そのブラウザが開発されたころには存在しなかった
「新しいタグ」を理解できません。
また、IEとネットスケープでは、少し「使えるタグ」が違います。
このため、ホームページによっては、古いブラウザで表示できなかったり
ブラウザが違うとエラーがでたりします。

皆チャ2で、ネットスケープで入室すると、参加者表示にしばらく、意味不明の
「お化け」が表示されるのも、このブラウザの違いです。

また、ホームページによっては、ブラウザが標準で持っている機能では表示できない
形式の画像などを使用している場合があります。
この場合は、その新形式の画像を表示するためのプログラムをブラウザに組み込む
必要があります。これが「プラグイン」といわれるものです。

個人的には、危険なプログラムをブラウザに組み込まれる危険性もあり(別講座で説明)
私はプラグインがないと表示されないホームページは嫌いです(笑)。

また、元々のhtml文書は「表示のための」のものとも言えるため、
訪問者の入力に応じて動きを変える、という「動的」な動きについては、
Javaスクリプトやcgiという別種のプログラムが必要になります。
例えば、皆チャで言えば、訪問すると同時に宣伝ウィンドウが開いたりするのは
Javaプログラムの働きで、チャット自体はcgiプログラムです。

Javaスクリプトは、ユーザーのコンピュータに働きかける要素があり、危険性はゼロ
ではないため、ブラウザのセキュリティの設定で拒否するようにすることもできます。
それに対し、cgiはサーバーの中でだけ動き、ユーザー側のパソコンに影響はないため、
普通は無条件で使えるようになっています。


■通信速度が早い遅い

ところで、インターネットを見るためには、あなたのパソコンからURLなどのデータを
送信し、ホームページからのデータを受信します。
このデータを送るときの速度を通信速度といい、
あなたのパソコンからインターネットへ送ることを「上り」
インターネットからあなたのパソコンへ送られることを「下り」
といいます。

私が通信を始めた頃は、1200bps〜2400bpsという、非常に遅い速度でした。
1200bpsとは、「1秒間に1200ビットのデータをやりとりする」という意味です。

コンピュータでは、「abcABC123」などの半角文字1字が8ビット(1バイト)、
「ABC123あいう漢字」などの全角文字は16ビット(2バイト)で表現します。
つまり、1200ビットとは1秒間に75文字程度しか送れなかったのです。
(実際は文字以外にタグや通信のための情報もやりとりしているので、文字量から
言えば、半分以下になります)

ところが、最近では、モデムでも56kbps(56×1024=57344)、
ISDNなら上り下り各64kbps(64×1024=65536)ですから昔の54倍もの速度です。
aDSLですと、最大で下り1.5mbps(1.5×1024×1024=1572864)、
下り640kbps(655360)ですから、隔世の感があります。

といっても、大きな画像ですと100キロバイト(800キロビット)以上ですから
ISDNなら10秒以上かかりますし、大きな動画ファイルですと1日以上かかりますから
インターネットで本格的にマルチメディアを楽しむためにはaDSLなみの速度が
必要になるでしょう。


■「重い」とサーバーエラー

ところで、チャットの場で、22:30〜01:00頃には下記のような「表示エラー」が続出したり、



発言ボタンを押してもなかなか発言にならなかったりします。
このような状態を、「重い」と表現します。

これは、ご存じのように、日本ではフレッツが完全に普及しているわけではなく、
23:00〜08:00の「テレホタイム」にアクセスが集中し、
処理が間に合わなくなるからです。

この「重い」状況は、パソコンが原因の時もありますが
ほとんどは、インターネット側が原因です。

( 1)あなたのパソコンが電話するアクセスポイントに集中する
     この場合は電話がつながらず、インターネットに入れません
( 2)契約したプロバイダーにユーザーが殺到して、プロバイダの処理能力を超える
( 3)インターネット全体の通信量が増えて反応が遅くなる
( 4)見たいホームページのデータがあるサーバーに要求が殺到して処理能力を超える

( 2)〜( 4)が原因の場合が「重い」わけですが、
ほとんどの場合、サーバーの処理能力、もしくはサーバーへつながる回線が弱いようです。
まあ、無料サイトの場合は、使わせていただいているので、文句は言えません(笑)。

なお、通常、このような表示エラーの場合、ブラウザの「更新」ボタンを押すと、
再入室になります。このため、2ショやカップルショットでは入室できなくなります(笑)。
表示エラーが出た場合は、エンターキーを押すか、「発言ボタン」をクリックすると
入室のままで表示が正常になります。