インターネットメールってどんなもの?



■メールが届くまで

インターネットを見るということは、データを欲しいと要求して、
送られてきたデータをパソコンに表示することであると述べました。

メールは、ちょうどその逆といってもかまいません。

あなたが書いたメールは大きく分けると、二つの部分から構成されます。
「送信のための情報」つまり、相手のメールアドレスやあなたのメールアドレスなどと
「本文」つまり、メールの内容です。

さて、メールを発信すると、この二つが一緒になったデータが、
あなたのパソコンから、接続したプロバイダのサーバーに送られます。

プロバイダーのサーバーでは、あなたのメールを読んで、
宛先が自分の会社と契約しているユーザーでなければ、
インターネット上の他のサーバーにそのまま転送します。
これを受けとった別のサーバーでは同じ作業を行います。
そして、その宛先を管理しているサーバーに行き着くまで次々とと転送されます。

宛先を管理するサーバーに行き着いたら、そのサーバーは、そのメールアドレスの
ために用意した「メールボックス」の中にメールデータを保管します。

メールを受けとった側は、自分のメールボックスを見に行くことで、
そのメールを受けとったことになります。

これが、メールの基本的な流れです。


■メールは葉書、読まれている

上の説明で、いくつかのことに気がついた方がいるかもしれません。

まず、インターネットメールは、宛先などの情報と本文が一緒になっています。
つまり、途中でメールを受けとったサーバーは、メールそのものを読んでいます。
本文を暗号化していない限り、インターネットメールは葉書と同じように、
つねに本文もオープンで送られています。

まあ、よっぽど暇な人ではない限り、送られてくるメールをのぞき見している人は
いないでしょうけど、のぞき見は可能ということは覚えて置いてください。

実際、情報機関などでは、メールを全て見ていたり、あるいは「首相、政府」
のように設定したキーワードを含むメールだけをピックアップしている、
という噂は根強くあり、アホな日本の外務省の役人が、送ったメールで
外交交渉のこちらの案をすべて相手に知られていた、という話もあります。
私は、これは噂ではなく、当然やっていると思っています。
(飛び交う無線通信を傍受する部隊もあるくらいですから)

もちろん、会社のLANで受発信するメールは、会社のネットワーク管理者が
見ることができますし、実際、最近はメールチェックをする企業が増えています。


■インターネットメールは不確実

もう一つ、インターネットでのメールデータの受け渡しは、バケツリレー方式で
かなりいい加減です。
発信した段階では、記入したメールアドレスが間違っているかは分かりません。

例えば、私のメールアドレスは「bear@rbear.jp」ですが、これを
「marvel_baer」と間違っても、このメールアドレスを管理するサーバーに届くまでは
間違っているかどうか分かりません。
もし「baer」という人が実在したら、このメールはその人に届きます。

メールアドレスを管理する会社が「実在しないメールアドレスにきたメールの差出人に対して
そんなアドレスの人はいないよ」と教えてくれれば、間違ったことが分かりますが、
会社によってはそういうことを教えてくれない場合もあります。

例えば「marvel_bear@potmail.com」のように、実在しないサーバー名をかいた場合は
いつまでも届かないためインターネット上を転々とさまようことになります。
(実際は転送するたびに、どこのサーバーを経由したかという情報が追加されますので
どこかの親切なサーバーで「これは行き先がなさそうだ」と判断され破棄されるようです)

また、例えば、バケツリレーをしている最中に、あなたのメールを受けとったサーバーが
次に転送する前にダウンしたら、あなたのメールは消えてしまいます。

実は、こういう間違いも含めて、インターネットでの「不達率」(メールが届かない率)
は、5%を超えているのではないかという説もあります(調べようがないので推測ですが)。

返事が来ないと怒る前に、そういうケースがあることも承知していてください。

大事なメールは、届いたかどうか「電話で確認」しましょう(爆)。


■Webメールとは

ところで、プロバイダーと契約すると、メールアドレスを貰います。
このメールアドレスを実メアドとか本メアドとか呼び、outlookなどのメーラー
(メールをやりとりするためのソフト)で送受信します。

もう一つ、インターネットメールには、フリーメールとかWebメールと
呼ばれるものがあります。

これは、ブラウザで訪問したホームページで登録することによって、
メールアドレスとメールボックスをもらえる仕組みです。
メールの送受信は、すべて、そのホームページ上で行います。
この登録は、本名や住所を書かなくても良い場合が多く、匿名でメールをやりとりできます。

ただし、ホームページを訪れるときには、あなたがどこのプロバイダからアクセスしているか
というような情報は、ホームページ側に伝わっていますから、
もしそのメールアドレスで犯罪を犯した場合などは、本人を割り出すことが可能ですから
「匿名」だと思って良からぬ考えを起こさないようにしてください(笑)。

もちろん、普通に使っている限りは、そのような情報を公開してはいけないことに
なっていますから、匿名性は確保されていると考えてかまいません。
(安全講座を参照してください)


■メッセやICQ

メッセとは、MSNが提供するメッセンジャーサービスのことで、
メールアドレスはXXXXX@hotmail.comのようになっています。
ただし、私は、メッセもICQを使っていないので、以下はあくまで推測です(笑)。

さきほど、届いたメールは、そのメールアドレスを管理するサーバーのメールボックス
に保存される、と書きました。

メッセやICQでは、そのサービスを利用するユーザーがインターネットに接続している
と登録すれば(メッセでは「イン」すると読んでいるようです)、
届いたメールは、インターネットに接続しているパソコンに直接、リアルタイムで
送られてきます。

つまり、お互いがメッセンジャーサービスを利用していて、しかもインターネットに
接続していたら、リアルタイムでメッセージを交換する、一種のチャットができます。

接続していない場合は、メールボックスに保存される(はず?)ので、
普通のメールとして使えます(と思います?)。
また、メッセから他のメールアドレスへもメールを送受信できます。


■表示形式とメーラーと添付ファイル

ところで、メールは文字だけの形式(txt形式メール)だけではなく、ホームページと
同じような形式で、作成して、送受信することも可能です(html形式メール)。

ただし、相手もhtml形式のメールを読めるようなメーラーを使っていないと
無意味ですし、ウィルスなどの問題もあり、個人的には、txt形式メールしか
使っていませんし、メーラーの設定も、txt形式で表示するような設定をしています。

では、画像などのデータや、大きなデータはどうすればよいでしょうか。

これらを送受信するのが「添付ファイル」です。

ファイルを「メモ帳」(Windows付属の簡易エディター)で開けば、
文字の形で見ることができるファイルをtxtファイルと呼びます。
それに対し、画像ファイルや、例えばword文書ファイル、あるいはプログラムなどのように、
txt形式で表示されないファイルをバイナリーファイルと呼びます。

「添付」は、このようなバイナリーファイルを、テキスト形式のメール本文に「くっつけて」
送ることを言います。

もちろん、テキストファイルを添付することもできます。
(私のような仕事では、原稿をメール本文として送ると、勝手な改行コード等か入るので
テキストファイルも添付で送ります)

ただし、添付されたファイルの中には、ウィルス入りのものがある危険性もあり、
「開く」時には気を付けてください(セキュリティ講座参照)。

また、大きなデータを送るときには、相手がダウンロードする時間がかかったり、
あるいは、プロバイダによっては、メールの大きさに制限がある場合もあるので
必ず、相手の確認と了承が必要でしょう。